放棄する

カレンダー遺産相続をする場合、遺言書がなければ基本的には相続人全員で遺産分割を協議し、相続分を決定します。この協議の際に遺産を受け取らないことを発言すると財産放棄をしたことになります。ただし、ここでは相続を放棄したことにはなっていません。相続の放棄に関しては裁判所を介して所定の手続きを行う必要があり、相続放棄の手続きを行うと法的に財産を放棄したことになります。遺産の総額よりも負債の総額が上回っている場合などは相続をすることで相続人が不利益を受ける可能性が高いので、こういった場合は相続放棄の手続きを取ることで負債を回避することができます。

相続の放棄には期間の制限があり、相続開始を知った時から3ヶ月となっています。これを過ぎてしまうと放棄そのものができなくなってしまうので注意が必要です。ただし、3ヶ月という期間はあくまでも原則であり、場合によってはこれを超えて認められる場合があります。

では借地権の相続放棄はできるのでしょうか。借地権も財産に含まれています。借地権のみを放棄するということはできません。他の遺産についても同じことが言えますが、選択して相続することができないのが遺産相続です。相続を放棄すると全ての遺産を相続することができなくなります。