兄弟で共有する

遺産相続をする際に兄弟で相続をする場合も多くあります。仲の良かった兄弟も遺産相続によるトラブルで仲が悪くなることもあります。遺産相続の際に兄弟で相続をする場合、民法上では兄弟で優劣はありませんが、それぞれに事情がある場合もあります。

兄弟借地権に関しては、兄弟で共有して相続することが可能です。借地権は複数の相続人が共同で相続することができるもので、それまで一人だった借地人が複数に増えるのですが、これについては地主の承諾を得る必要はありませんし、承諾料を支払う必要もありません。名義変更をする場合は地主に告知をすることはあっても、名義変更を承諾してもらうための承諾料を支払う必要はありません。

ただし、兄弟で借地権を相続すると借地権が設定された土地に建っている建物の管理や処分などを単独で決定することはできなくなります。また借地権の譲渡や売却に関しても共有している兄弟の一致が必要になります

借地権を兄弟など複数の相続人で相続して共有することは可能ですが、借地権について何らかの変更を行う際には不自由になる可能性があります。兄弟で相続して共有することができるのが借地権ですが、単独所有に合意することができないなど、よほどの事情がない限り借地権を共有するのは避けるのが無難です。