借地権の相続

家第三者から土地を借りて、その土地に自己所有の建物を建てることができる権利を借地権と言います。借地権には、土地の上に借地権が設定されていることを底地と言い、地主が底地権を所有しています。これに対して土地を借りている借り主が持っているのが借地権です。

借地権には土地に対する古例資産税や都市計画税を負担する必要がない、所有権を購入するよりも安価で借地権付きの建物として借地権の権利を売却することができる場合もあるなどのメリットがあります。地主としては使用していない土地を貸し出すことで地代が入ってくるようになります。

借地人は地代以外にも、借り主は土地の更新料や増改築や名義変更、譲渡や売却を行う際の承諾料を地主に支払う必要があり、借地権付きの土地を売却する際は所有権に比べて土地を借りているだけの権利となるので価値はさがってしまいます。

ですが借地権は一定の手続きを踏めば、相続することが可能です。相続をする際は亡くなった被相続人から相続人の名義に変更する必要はありませんし、名義変更をする際に地主に承諾料を支払う必要はありません。相続したからと言って、それまでの契約の内容が変更されることもなく、そのまま相続をして土地の上に建っている建物に住んでいる場合はそのまま地代を支払って住み続けることができます。

ただし、借地権の相続ではトラブルが多く発生しており、借地権の相続の際に起こる可能性があるトラブルの対処について紹介させていただきます。