底地取扱店に相談

相談借地権の相続に関するトラブルは地主との間、相続人同士、相続放棄をする場合など様々なところで発生します。借地権の相続にトラブルはつきものですが、借り主よりも地主の方が借地権や底地権などの知識を豊富に持っていることから、不利になる可能性もあります。

そんな時は相続借地権を取り扱っている底地取扱店に相談することでスムーズに借地権の相続問題が解決します。土地や建物の売買などを取り扱う不動産会社は数多くありますが、借地権の売買などを行う底地の取り扱いはしていない不動産会社もあります。

底地の取り扱いを行っている不動産会社は普段から借地権付きの土地の売買や仲介などを行っており、専門的な知識やノウハウを豊富に持っています。こういったことから借地権の相続トラブルなど様々なケースに対応してもらうことができ、専門的な立場から助言をしてもらうことができます

底地取扱店であれば、借地権に関する様々な悩みに応えてもらうことができ、借地権者や地主に対して様々なサービスを提供しています。地主との交渉が上手くいかないという場合も間に入って交渉をスムーズに進めてくれるので、借地権の相続トラブルの際は是非底地取扱店に相談しましょう


LINK|http://www.syakuchi-soudan.com/souzoku.html
└相続した借地権の相談ができる「ピタットハウス」のサイトです。

放棄する

カレンダー遺産相続をする場合、遺言書がなければ基本的には相続人全員で遺産分割を協議し、相続分を決定します。この協議の際に遺産を受け取らないことを発言すると財産放棄をしたことになります。ただし、ここでは相続を放棄したことにはなっていません。相続の放棄に関しては裁判所を介して所定の手続きを行う必要があり、相続放棄の手続きを行うと法的に財産を放棄したことになります。遺産の総額よりも負債の総額が上回っている場合などは相続をすることで相続人が不利益を受ける可能性が高いので、こういった場合は相続放棄の手続きを取ることで負債を回避することができます。

相続の放棄には期間の制限があり、相続開始を知った時から3ヶ月となっています。これを過ぎてしまうと放棄そのものができなくなってしまうので注意が必要です。ただし、3ヶ月という期間はあくまでも原則であり、場合によってはこれを超えて認められる場合があります。

では借地権の相続放棄はできるのでしょうか。借地権も財産に含まれています。借地権のみを放棄するということはできません。他の遺産についても同じことが言えますが、選択して相続することができないのが遺産相続です。相続を放棄すると全ての遺産を相続することができなくなります。

兄弟で共有する

遺産相続をする際に兄弟で相続をする場合も多くあります。仲の良かった兄弟も遺産相続によるトラブルで仲が悪くなることもあります。遺産相続の際に兄弟で相続をする場合、民法上では兄弟で優劣はありませんが、それぞれに事情がある場合もあります。

兄弟借地権に関しては、兄弟で共有して相続することが可能です。借地権は複数の相続人が共同で相続することができるもので、それまで一人だった借地人が複数に増えるのですが、これについては地主の承諾を得る必要はありませんし、承諾料を支払う必要もありません。名義変更をする場合は地主に告知をすることはあっても、名義変更を承諾してもらうための承諾料を支払う必要はありません。

ただし、兄弟で借地権を相続すると借地権が設定された土地に建っている建物の管理や処分などを単独で決定することはできなくなります。また借地権の譲渡や売却に関しても共有している兄弟の一致が必要になります

借地権を兄弟など複数の相続人で相続して共有することは可能ですが、借地権について何らかの変更を行う際には不自由になる可能性があります。兄弟で相続して共有することができるのが借地権ですが、単独所有に合意することができないなど、よほどの事情がない限り借地権を共有するのは避けるのが無難です。

借地権の相続

家第三者から土地を借りて、その土地に自己所有の建物を建てることができる権利を借地権と言います。借地権には、土地の上に借地権が設定されていることを底地と言い、地主が底地権を所有しています。これに対して土地を借りている借り主が持っているのが借地権です。

借地権には土地に対する古例資産税や都市計画税を負担する必要がない、所有権を購入するよりも安価で借地権付きの建物として借地権の権利を売却することができる場合もあるなどのメリットがあります。地主としては使用していない土地を貸し出すことで地代が入ってくるようになります。

借地人は地代以外にも、借り主は土地の更新料や増改築や名義変更、譲渡や売却を行う際の承諾料を地主に支払う必要があり、借地権付きの土地を売却する際は所有権に比べて土地を借りているだけの権利となるので価値はさがってしまいます。

ですが借地権は一定の手続きを踏めば、相続することが可能です。相続をする際は亡くなった被相続人から相続人の名義に変更する必要はありませんし、名義変更をする際に地主に承諾料を支払う必要はありません。相続したからと言って、それまでの契約の内容が変更されることもなく、そのまま相続をして土地の上に建っている建物に住んでいる場合はそのまま地代を支払って住み続けることができます。

ただし、借地権の相続ではトラブルが多く発生しており、借地権の相続の際に起こる可能性があるトラブルの対処について紹介させていただきます。